公式サイト: http://www.tsmc-foundation.org

1998年初頭にTSMCは「TSMC教育文化基金」を設立し、TSMCの曾繁城代表取締役が基金会の代表を務めています。「教育弱者への関心」、「複合教育プラットフォーム」、「芸術文化の推進」の3大テーマを基礎として企業の社会的責任を果たしています。TSMC教育文化基金の主な事業の方向性は以下のとおりです。

教育弱者への関心
教育の地域格差を縮めることは、TSMC教育文化基金が長きにわたり関心をもっている議題です。そのため、TSMC教育文化基金は公立・私立の教育機関と協力し、教育プログラムのスポンサーとして科学の旅、情操教育の旅を開催しています。地域による教育資源の格差を埋めるため、さまざまなレベルのニーズに対応し、多方面の教育計画に力を注いでいます。
複合教育プラットフォーム
高校生、大学生はまさに積極的に自我を形成し、世界を探索する時期です。高校レベルにおいて、TSMC教育文化基金は、多方面の競技会、合宿、講座を開催し、青少年の正規の教育のほか、同時に科学や文化も発展できるよう考えています。大学レベルにおいては、奨学金の提供や指導により、学生が人生の方向を見つけ、夢を実現できるよう応援しています。そうすることで青年に科学と美学の素養が根付くことを目指しています。
芸術文化の推進
TSMC教育文化基金は長きにわたり芸術文化の推進を支援し、2003年からTSMC教育文化基金が開催している「TSMC心築アートフェスティバル」では、新竹、台中、台南にて素晴らしい芸術展が計画されています。世界クラスの芸術文化チームを台湾公演に招待するほか、国内のチームも力を発揮できる舞台を提供します。芸術文化を支援することで、台湾の優秀な芸術文化チームを育成し、社会における芸術文化環境レベルと国民が芸術文化を楽しむ雰囲気をより高め、文化の要素をたくさん注入することで、人々の心を豊かにすることを目指しています。

TSMC教育文化基金連絡先

連絡担当者: Mei-Ching Chung
電話: 886-3-5636688 内線 712-5030
FAX: 886-3-5784143
住所: 8, Li-Hsin Rd. 6, Hsinchu Science Park, Hsinchu 300-78, Taiwan, R.O.C.